楽しいことがあり過ぎる

世の中には、楽しいことがまだまだたくさんあるみたいですよ。

【BUMP OF CHICKEN】既発アルバムから、それぞれ好きな1曲を選んでみた

先週末のap bank fesの疲れが全く取れず、常に眠い状態が続いている…眠い。

ってことで8/5(土)6(日)に行われる日産スタジアム公演で私の「Thanks giving 25」も終わりです、お天気大丈夫だろうか……

 

そして9月からは待ちに待ったBUMPのツアーが始まります!

ひゃっふ~~~!!!楽しみ~~~~!!!!

 

 

前回のBFLYツアー京セラ2日目、チケットが当たったにも関わらず仕事やらお金やらの調整が面倒になり、更に京セラ1日目のチケットも当たっていたため、2日目のチケットは流しました。が、それが間違いだった……まさか!!藤原基央のバースデーをお祝いするとは!!!!!何てこった……

こんな思いは二度とゴメンだ!と激しく後悔したので、それ以来「まずは行け!仕事もお金も“行く”と決めればどうにかなる!(どうにかする)」と心に決めました。9月の幕張公演からは怒涛の遠征ウィークエンドの始まりです。スーツケース買わねば!!!!!(まだ買ってない)

 

pantomochi.hatenablog.com

 

で、今回の「PATHFINDER」ツアーですが、今のところ何も引っ提げないツアー*1とのことなので、過去の曲を万遍なくセトリに組み込んでくるのではないか!?アルバムを引っ提げてのツアーよりも自分が好きな曲をLIVEで聴ける確率が高いのではないか!!?って勝手に期待しています。ということで、今までリリースされたアルバムから「これ聴きたいなぁ」って曲を各1曲ずつ選んでみました。私だけが楽しいのかもしれませんが、試聴リンクを貼っておくので良かったらお付き合いください。相変わらず前置きが長いっすね……

 

 

・1st AL「FLAME VEIN」収録 『ナイフ』

ナイフ

ナイフ

去年の20周年記念LIVE「20」で歌われましたね。当時の歌声と今の歌声を聴き比べると、その違いに毎度びっくりします。間奏部分の英語詞が何を言ってるのか全く聴き取れず、歌詞カードを見て歌ってみるも一度も上手に歌い切れた試しがありません。あの英語詞の部分を生で聴いてみたいから歌ってくれっ!!

 

 

・2nd AL「THE LIVING DEAD」収録 『Ever lasting lie』 

Ever Lasting Lie

Ever Lasting Lie

サビの藤原基央の歌声にやられた曲です。あの切羽詰ったような、体の中から無理やり引っ張り出したような千切れそうな歌声が堪らん。今の藤くんが歌ったら、もっとライトな感じになるのかなぁ……どちらかというと千切れそうな歌声で歌ってほしいのだが……

 

 

・3rd AL「Jupiter」収録 『ハルジオン』

ハルジオン

ハルジオン

この曲のベースラインがどちゃくそ好きなので、一度LIVEで聴いてみたいと思っています。あと、1番と2番の間奏もめちゃめちゃカッコイイと思う。みんなで楽器をギャンギャン鳴らしている感じが好きです。関係ないけど、発売当時のCMの藤くんも好き。

 

 

・4th AL「ユグドラシル」収録 『ロストマン

ロストマン

ロストマン

藤原基央が歌うオリジナルを聴く前に、櫻井和寿BANK BAND)によるカバーを聴くと言う奇跡体験アンビリバボーを経験したので、あとはもう本物を聴くしかない。イントロで発狂する自信があります。年末になると『BUMPのロストマンミスチルの終わりなき旅を聴きながらチャリに乗って、人生を憂いて泣く』っていう恒例行事を行っているので、これを生で聴けたら会場で泣きすぎて横隔膜痙攣するかも知れん……

 

 

・5th AL「orbital period」収録 『かさぶたぶたぶ

かさぶたぶたぶ

かさぶたぶたぶ

いつか自分に子どもが生まれて、その子が友達とケンカして帰ってきたら一緒に歌いたいなぁ~とか思っているけど叶いそうもないので、せめてLIVEで聴きたいです。すんごーく素敵な歌詞なので、NHKの「みんなのうた」とかで流せばいい。

 

 

・ 6th AL「COSMONAUT」収録 『宇宙飛行士への手紙』

宇宙飛行士への手紙

宇宙飛行士への手紙

この曲に関しては、もう本当に好き過ぎるからヤバイ。いつかLIVEで聴きたいと、ずーーーっと想い続けている曲です。この機会を逃したら次のチャンスがいつになるのか分からないから、頼む!歌ってくれ!!!!!「お揃いの記憶を集めよう」という歌詞は、次世代に残したい名フレーズだと思います。

 

 

・7th AL「RAY」収録 『ray』

ray

ray

いや「絶対やるっしょ、100パーやるっしょ」って信じ切っているので、逆にセトリに入ってこなかったら無理。この曲は、どんなツアーであっても必ずセトリに入れてくれ!!!ってくらい鉄板ソングであって欲しいです。

 

 

・8th AL「Butterflies」収録 『You were here』

You were here

You were here

もし、LIVEの最後に歌われたら泣きすぎて立ち上がれなくなってしまうのでは…?と思います。誰のLIVEに行っても感じる、あの楽しさと終わった後の切なさをドンズバで歌ってくれてて「藤くん、なんで私の気持ち分かるん!!!?」って思いました。BFLYツアーで聴けると思ってたら、まさかのセトリ漏れしたので次こそは!!!

 

既発アルバムの中で聴きたい曲は、以上のような感じです……

 

 

っていうかやっぱりアルバム1枚につき1曲選ぶという条件は我ながら「選べん、無理や…」って思ったので「これも何卒~」って曲も挙げておきます。歌ってくれーーー!!!

 

 

・『メロディーフラッグ』(3rd AL「Jupiter」収録)

メロディーフラッグ

メロディーフラッグ

優しい歌い出しからサビへの盛り上がりが堪らん。「目にも止まらない速度で 世界は明日へと向かう」部分の歌い方が特に好きです。

 

 

・『embrace』(4th AL「ユグドラシル」収録)

embrace

embrace

 GGTの映像見て大好きになった曲です。

 

 

・『スノースマイル(4th AL「ユグドラシル」収録)

スノースマイル

スノースマイル

冬が来るたび「誰だよ、冬が寒くって本当に良かったとか言ったやつ!!?」ってネタにしているから、いい加減本物を聴きたいです。

 

 

・『メーデー』(5th AL「orbital period」収録)

メーデー

メーデー

イントロからテンション爆アゲ確実です。「口付けを預け合おう 無くさずに持っていこう」という歌詞がオシャレ過ぎやしないだろうか……

 

 

・『66号線』(6th AL「COSUMONAUT」収録)

66号線

66号線

なんちゅう切なくて悲しい曲を作るんだ!!!!って歌詞をじっくり読み込んで絶望しかけた曲。ザ・藤原基央感がハンパない。

 

 

・『魔法の料理 ~君から君へ~』(6th AL「COSUMONAUT」収録)

この曲もめちゃめちゃ好きなので「いつかLIVEで聴きたいなぁ」って思ってるけど、過去にポンツカで「コーラスが難しいからLIVEで演りにくい」的な話をしていたこともあるので望みは薄い……

 

 

・『beautiful glider』(6th AL「COSUMONAUT」収録)

beautiful glider

beautiful glider

イントロのアルペジオだけでもいいから演ってくれ!!!!!「もう答え出ているんでしょう どんな異論もあなたには届かない もう誰の言う事でも予想つくぐらい 長い間悩んだんだもんね」って歌詞、素晴らしすぎて泣き死ぬかと思った。進路で悩んでる若者が聴いたら、色々と救われすぎて死んでしまう気がする……

 

 

 っていうか私、COSMONAUT好きすぎるな!!!!?

COSMONAUT

 

 

最後はコチラ!

・『グッドラック』(7th AL「RAY」収録)

グッドラック

グッドラック

これも文句なしに「ええ曲」ですよね……「出来れば 笑っていて」って歌詞、良すぎるでしょ。

 

 

 

さて、ここにリストアップした中から何曲がセットリスト入りするでしょうか。楽しみだなぁ………

ご覧いただき、ありがとうございました。

 

www.bumpofchicken.com

 


BUMP OF CHICKEN「GO」LIVE MV from BD/DVD「STADIUM TOUR 2016 "BFLY" NISSAN STADIUM 2016/7/16, 17」

*1:ポンツカ内に於いてメンバーにより命名されたツアー形式。アルバムリリースに伴うツアー等と異なるので比較的自由な構成となる模様