楽しいことがあり過ぎる

楽しいことがあり過ぎる

世の中には、楽しいことがまだまだたくさんあるみたいですよ。

日記_清水ミチコのライブ、フェルメール展・ムンク展のこと

清水ミチコライブ

2019年が始まりあっという間に1ヶ月が過ぎてしまった。今回は、特に何かひとつのことにしぼらずに、なんとなく書いておきたい(残しておきたい)アレコレについてのエントリーです。

 

・『清水ミチコ・森山良子 初夢フェスin武道館 ~ライブでアラモード~』に行った

2019年1月2日に念願の清水ミチコのライブに行ってきた。年末年始の恒例行事である彼女のライブには数年前から行ってみたいと思っていて、ついにそれが叶った。今年のライブ初めがまさかの清水ミチコとは……。自分でもびっくりである。

さて、今回のライブは彼女がレギュラー出演しているWOWOWトーク番組とのコラボ?的な企画だったそうで、同番組に同じくレギュラー出演している森山良子との2人編成でのライブイベントであった。他にも一青窈藤井隆椿鬼奴森三中・黒沢かずこ等がゲスト出演し、バラエティに富んだ濃い時間を過ごした。

2018年大晦日、日本中にエンタメの素晴らしさを魅せつけたユーミンの紅白ものまねを相変わらずの高クオリティで年明け早々に披露する清水ミチコはやっぱりプロフェッショナルですごかった。そして森山良子があんなにもチャーミングでおかしな人だとは思わなかった。彼女は、天然というよりもおかしな人といったほうがピッタリくるくらい不思議な尺度で生きている人であった。『さとうきび畑の唄』をあんなにも情感たっぷりに歌い上げる人なのに、MCの節々からはどこか世間を冷めた視点で眺めている、そんなふうに感じた。今までの人生でいろいろと経験してきたのだろうな……ということが端々から感じられる、そんな彼女の発言はどれも面白いのだけれど、反面、常にわたし自身のやましい部分を見透かされているのではなかろうか、という怖ささえ感じた。とにかく不思議な感覚だった。

あとはやっぱり椿鬼奴の『You Give Love A Bad Name(Bon Jovi)』を聴けたのも嬉しかった。わたしはやっこさんが歌うYou Give Love A Bad Nameが大好きだ。何がそんなに好きなのかは自分でも良く分からないのだけど、彼女が歌うYou Give Love A Bad Nameはわたしを元気にしてくれる。おそらく、やっこさん自身が自分にとことん酔いしれてたいそう気持ちよさそうに歌っているからかも知れない。とにかくこれからも彼女にはYou Give Love A Bad Nameを歌い続けていってほしい。

とにもかくにもお正月らしさあふれる穏やかでポジティヴな雰囲気に包まれた心地よい時間を過ごし、とても充実したライブ初めとなった。やっぱり清水ミチコはおもしろいなぁ。

 

 

・『フェルメール展』『ムンク展』を1日で鑑賞した

東京都美術館『ムンク展』

ムンク展』会場となった東京都美術館。門松が正月感あって良い。

 

1月4日、上野で開催されていた『フェルメール展』と『ムンク展』に行ってきた。ご存知の方も多いかと思われるが『フェルメール展』は事前に日時指定券を購入する予約制であった。わたしはフェルメールの作品にはそこまで明るくない。作品名を聞いてパッと思い浮かべられるのも『真珠の首飾りの少女』くらいだ。しかし、高校時代は美術を専攻していたわたしである。会期スタートとともに多くのメディアで取り上げられ話題となっていた本展。その錚々たる作品群を実際に見ようと思ったら、何百万も掛けて世界中の美術館を巡回しないと見られないらしい。それをたった2500円*1(音声ガイド付き)で見られるというのだ。そんなビッグチャンスを逃す手はない。「これは見ておいたほうが良さそうだよな……」と思えた。

ということで年末のうちにチケットを確保。事前の調べで朝イチと夕方以降の時間が比較的空いているという情報をキャッチし、さらに年明け早々に美術館に足を運ぶ人なんて少ないであろうという根拠ゼロの憶測のもと、1月4日の11時からの回を選んだ。結果的にこの選択は正しく、鑑賞中はそこまでの混雑に襲われることもなかった。しかし混雑状況ばかりを事前リサーチし、美術展自体の概要を把握していなかったため「次の時間割の人たちが追いつく前にすべてを見終わらなければ……」と、それなりに巻き気味で鑑賞した結果、まさかの40分ほどですべての展示作品を見終わってしまったのである。実は、本展は総展示数48点(時期により上下する)という比較的ミニマムな構成の美術展だった。たとえば、同時期に同じく上野で開催されていた『ルーベンス展』は展示作品数約70点、フェルメール展後に足を運んだ『ムンク展』なんか約100展も展示されていた。それに比べるとフェルメール展がいかにミニマムな構成だったかが伺える。そもそもフェルメール自身が、多産の画家ではなかったという点も大きな要因なのかも知れない。

とはいえ、展示内容自体はとても良かった。わたしは以前にも書いたのだが、抽象的な作品よりは写実的な作品を好む傾向にある。わたし達が普段の暮らしで目にする風景や瞬間を、どれだけリアルにキャンバスの上に表現するか。その行為に人間のチャレンジングな精神だったり、アーティスト自身の力量を分かりやすく感じ取れる気がして、シンプルに「すげぇなぁ……」と感動できるからだ。なので写実的な作品が比較的多い本展は、わたしの肌にあっていたように思う。特に感動したのが、第4章「命なきものの美:静物画」に展示されていたヤン・ウェーニクス『野ウサギと狩りの獲物』である。野ウサギの毛並みがあまりにもリアルでしばらくのあいだ見入ってしまった。ありきたりな感想であるが、本当に、まるでそこに野ウサギが吊るされているようなリアリティであった。そうしてフェルメールと同時代に生まれた芸術作品群を鑑賞し、いよいよ最後に彼自身の作品が展示されたゾーンに到着。残念ながら年末年始は展示作品数が通常時より少なく(事前リサーチで気付いていなかった)なっていたのだが、有名な『牛乳を注ぐ女』を鑑賞することができたので満足だ。彼の作品は右側に窓を配し、そこから入り込む自然光が浮かび上がらせる人々の服装だったり表情だったりを繊細に描き出した作品が多い。学生時代、美術の担当教諭が頻繁に「絵を描くときは自然光のもとで描きなさい。自然光が物を一番美しく見せるのだから」といった趣旨のことを言っていたのだが、その意味するところが改めて理解できた気がする。

 

さてフェルメール展をわずか40分あまりで見終わってしまったわたしは、その後、以前から気になっていた『ムンク展』にも足を運んでみることにした。普段、美術展を見終わると鑑賞した作品群のエネルギーを浴びた脳内が疲弊しきっているのだが、せっかく上野まで来たのだし、ムンク展示体の会期終了も迫っていたし、年始の影響でフェルメール展同様にムンク展も空いているかも知れないし……何よりフェルメール展だけではやや物足りない感があったので。こういうときは勢いが大切である。

 

東京都美術館で開催されていた『ムンク展』は激混みであった。彼の代表作である『叫び』が展示されているということもあり、その混雑は当たり前といえば当たり前なのだが、まさか入場までに30分近くも並ぶことになるとは思わなかった。フェルメールとは反対に、ムンクという人は非常に多産の芸術家であった。美術展といえば、多くの場合『○○○展』と特定の芸術家の名前を冠していても、展示作品の何割かは同時期に活躍した別の芸術家だったりの作品を展示しているものなのだが、ムンク展に於いては約100点のすべてが彼自身の作品である。すごくない??????わたしはまず、そのことに衝撃を受けたよ……。

彼の作品は、その時々の彼自身が置かれている状況だったり心情だったりを感じさせるものが多く、それらの変遷がとても興味深かった。 

多くの展示作品の中で、お気に入りの作品を数点見つけたので挙げてみようと思う。

まず『ブローチ、エヴァ・ムドッチ』という作品。これはムンクが当時交際していた恋人ムドッチを白と黒だけで描いたものだ。「キレイな作品だな」というのがこの作品を目にしたときの一番の感想だった。ムドッチに対するムンクの愛が伝わってくるようでとても美しかった。

ふたつめは『青いエプロンをつけた二人の少女』という作品だ。この作品はとにかく色使いが可愛い。橙色を背景に青いエプロンをつけた二人の少女が並んだ様子を正面から描いているのだが、その明るくポップな色使いが少女の可愛らしさをそのまま表現しているようで見ているこちらまで笑顔になってしまうようであった。あまりにも可愛くて気に入ったので、この作品をモチーフにしたグッズがあれば記念に買って帰ろうかとも思ったのだが残念なことに売り切れていた。やっぱりあの作品は多くの人の心を掴んでいたのだな……と無理やり自分を納得させた。はぁ、可愛かったなぁ……。

 

そういえば本展の最大の売りである『叫び』であるが、その展示方法がなかなかおもしろかった。もちろん、最大の目玉作品である『叫び』であるから、その前には多くの人だかりができていたのだが、よく見ると作品の前に列を作って歩きながら鑑賞する人と、その列より後方から立ち止まって鑑賞する人だかりができていた。

これは、作品を間近で鑑賞したい勢と、遠くからでも構わないからじっくり鑑賞したい勢とを区別することで場内の人の流れを少しでもスムーズにする取り組みだったようなのだが、これがなかなか良かったように思う。『叫び』のような有名作品が展示されている場合、あまりにも人気で人だかりができてしまうことも多く、泣く泣く鑑賞を諦める人もいるだろう……。少なくとも過去にわたしは何度かそういった経験をしてきた。もちろん、根気強く待っていればいいのだけど、そこまで待てないわたしのような人間にとって『叫び』のような展示スタイルはとても良かった。間近で作品を見たい人はあらかじめ間近で見る人ゾーンの待機列に並ぶ必要がある。そうなると必然的に作品の前に起こりがちな混雑を和らげてくれるのだ。そして、作品との物理的な距離感にそこまでのこだわりがない人にとっては、それなりに許容できる程度の混雑の中、有名作品をじっくり鑑賞することができる。限られた時間とスペースの中で、より多くの人が満足できる空間を作ろうという取り組みだったように感じた。

 

 

 

そんなこんなで年明け早々、なかなか充実の日々を過ごしている2019年。今年も興味があるイベントには軽率に足を運んでいこうと思う。

 

参加しています→【アラサーOL】ブログ人気ランキングはこちら。

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1:当日券は2700円